スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
繰り上げ返済やったどー!
家を買って3年?

初めて繰り上げ返済なるものをやってみました(汗)

だって、
ローンを組んでいる銀行がネットでの繰り上げ返済手数料無料になったの最近だし(たぶんそんなに最近ぢゃない)
ほら、働くママって何かと忙しいじゃない?(ネットサーフィンするじかんはあるけどね)

てなワケ(どんなワケ?)で、
旦那ちゃんのボーナスのこのタイミングで、試しに1ヶ月分の返済期限を減らしてみました。
(しょぼいですが何か?)


我が家のローンは毎月69,522円の支払い。

に対して、1ヶ月分(35年返済が34年11カ月返済になった。)繰り越すときに支払う金額は
28,943円。

その差40,579円

何かの間違いかと思ったわよ。


4万円あったら何ができる?

ちょっとした温泉宿に大人2人と子供2人(あ、2人目娘が生まれましたw)で泊っても、いけちゃう。
ちなみに、近々泊りに行く個室に露天風呂が付いている夜景の超きれいな旅館は、1泊2食付きで
お釣りがきます


旅行代が浮くぢゃないか!
じゃ、その差額でエステなど♪♪

と思ってもサー、2人子供がいると、なかなか旦那ちゃんにぽいっと旅先で2人渡して2時間エステ、が効かないのよねぇぇ~。
旦那ちゃんがグレるといけないので、もうすこし大きくなってからにしよう。

というわけで、ローン繰り上げ返済にはまりそうな予感のするhannnaでした!
(実際にするかどうかは別問題ね)
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

【2011/07/21 16:22】 | 住宅ローン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
保険が一段落ついたので、次は・・・
ずーっと気になっていた生命保険と学資保険の準備が一段落つきました。
といってもまだ支払いの流れが自分の中で噛み砕けていないので、ちゃんと見なくちゃいけませんが。

そう、hannaのお金オンチのゆえんて、ここだと思うんですよね。
オカネの流れを頭で理解できない。
夫sachiなんかはこの保険がなくなって、この支払いが減るけど、この支払いが増えて、それはカード引き落としだから、今までのこのお金をここにもってくればOK♪
みたいな思考を頭の中だけで完結できるんです。

ほんと、尊敬、感服、完敗です。

hannaは、紙に書き出して、それを電卓たたきながら図式にして、図式を眺めて、3日後にもう一度眺めて、それでやっと理解できる、ぐらいのペース(;一_一)
なので、ちょっと思考するのを放置すると、もうお金の管理ぐっちゃぐちゃです。

これって慣れるものなんだろうか?
sachiの場合は、高校時代に毎朝昼食代としてもらっていた500円。
これがきっかけでやりくり上手な男子になったらしい。
この500円をいかに節約して、自分の使いたいものに使うか。毎日こればっかり考えていたそうです。
年季が入っております。


さて、話はそれましたが、保険の整理が一段落ついたということで、次は夫sachiも興味津々(?)の住宅ローンに手をつけていきたいと思います。

今hanna家が借りているのはUFJ銀行です。
35年払い当初20年固定で2.8%
今の金利から考えるとそう悪くないですが。当時は結構高くなってきてる感じだったような気がします。
特に金利に不満があるわけではないので、借り換えとかしなくてもいいかなーと思っていたのですが、やっぱり繰り上げ返済の手数料が不満。

ネットで返済しても1回につき4200円かかってしまうので、お金をある程度貯めてからでないと返済しずらいんです。
でもhanna家としてはそれこそ月1万円でもいいからちょっとずつ返済していきたい。

ということで、借り換えを検討しようかなと。
ネットでいろいろ調べていたら、借り換えにも手数料等でまとまったお金が必要見たいですね。
hanna家では、今ブログで公開していないお金には手をつけたくないと思っています。
なので、今動かせるお金はやっと貯まった30万円(;一_一)
一応妊娠希望なので、出産費用もこの貯金口座から出したいと思っているのだけれど。
ちょっと厳しいかなぁ?

UFJ銀行を解約したらいくらぐらい保証料が返ってくるんだろう?
お金貯めながらボチボチ調べてまいります。

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

【2009/08/08 11:34】 | 住宅ローン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。